ptshinのブログ

1人の理学療法士としての日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

質問

 ●Open question(開かれた質問)

  理学療法評価を行う時点で、日本ではすでに医師の診察後、診断名がつい
 た状態で患者と対峙します。この場合、セラピストは「今、あなたの主な問
 題はどこですか?」、「どこの具合が悪いですか?」などと質問すると、患
 者に「また同じことを話さなくてはならない」、「医師から伝わっていない
 のではないか」と感じられてしまうのではないかと、一歩引いてしまうこと
 が少なくないのではないでしょうか。しかし、これらの患者との first
 contact である問診で一歩引いてしまうと、的確なアプローチをするどころ
 か、どこに向かって進めていけばいいのかも曖昧なまま、闇雲に評価・治療
 を進めていくことになる可能性があります。

  Open question は患者が痛み、できない動作をなぜ問題と感じているのか
 など、リハビリテーションを行う根本的な要素を聴取する機会となります。
 このような初めの Open questionこそ患者とセラピストが、現在の主訴とリ
 ハビリで達成したい目標を共有する手法であると言えます。

  Open question はカウンセリングにおける質問技法で、円滑なコミュニケ
 ーションを促進するための会話術やコーチングの中でも取り上げられ、相手
 をスムーズに対話に誘うための技法とされています。返答内容を相手に委ね、
 「具体的にお話いただけますか?」と具体例を引き出す質問や、「それでど
 うなりましたか?」と経過を聞く質問、「どのように感じましたか?」と感
 情を聞く質問のタイプがあります。返答が“Yes”、“No” のみで答えられ
 ないので、こちらからの質問に対する返答は様々な情報を含んでいる可能性
 が高く、その後の会話の深まりが期待できます。この Open questionによっ
 て優先して評価し、改善を図る動作をしっかりと特定することができます。

  漠然とした「改善」というゴールのない目標を追いかけるのではなく、患
 者が求めているものを把握し、優先順位を確認して目標設定、アプローチを
 進めていくことが必要であると考えます。


心と体のリハビリテーション研究会より引用
スポンサーサイト
  1. 2012/11/04(日) 22:18:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立ち上がり

お久しぶりです


今日は臨床にて立ち上がりがうまくできない患者がおり、その方に生野先生の教えてもらったやり方をしてみました。



座った姿勢で体をまっすぐ保ちながら「おじぎ」をする時体が前に傾いて頭が前にいきます。


その時に、「どこが動いて体が前にいくのか」感じてみます


「頭が前にいく」のは間違いではありませんが、頭の動きの元を辿ると「どこが動いてるか」が大切



うまくいかない方は腰が丸くなり、「背中の途中から折れ曲がってる」と感じています。

自分が臨床で観察したときも身体を前に移動していきましょうというと、腰部から屈曲してました。






しかし、本当は背中は丸くならずに股関節から屈曲しているのです



「おじぎ」をする時は背中を丸くせずに、股関節の動きを感じながら、
ゆっくりと骨盤を起こすように「おじぎ」をしてみましょう



すると、スムーズに立ち上がりが可能に


立ち上がりは重心をスムーズに前に移動することで、加速度がつき無駄な力を使わなくてすみます


圧迫骨折の方は胸腰椎が屈曲位で、重心が後方にあります。


そのため立ち上がりのさい重心をうまく移動できず、腰で曲がって、余計力が入ってしまいます。


これを繰り返すことで脳が誤作動を起こし、この立ち上がりが当たり前となってしまいます。


そのため股関節が使えず、立ち上がりが困難になります。


今回の生野先生の教え方により、脳の誤作動を改善できたんじゃないかと思います。
  1. 2012/11/03(土) 12:06:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

tilt table2

実験により、

1、ティルトテーブル上立位が、正常静止立位と比べて大腿部の筋活動が大きく違う。ティルトテーブルでの大腿部の筋活動は静止立位に比べて大きく下がる。

2、ティルトテーブルの角度が大きくなるにつれて、個々の筋によって変化がみられた。

3、ヒラメ筋と腓腹筋の筋活動に違いがみられた。
  1. 2012/10/24(水) 00:09:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Tilt. Table

傾斜起立台(Tilt table)
 
傾斜起立台(Tilt table)は、主に斜台を利用し、エネルギー消耗の少ない状態での起立訓練に使用しています。

①下肢の支持筋力の増強

②起立性低血圧症の改善

③姿勢反射の獲得

④立位感覚の獲得

⑤起立姿勢保持能力の改善
  1. 2012/10/23(火) 23:25:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

睡眠

 遠藤院長によると、睡眠には、気温と太陽が出ている時間に合わせて季節変化がある。人間の体内時計は25時間だが、朝、太陽の光を浴びることで24時間に合わせているとされる。気温が高いと睡眠が短く、気温が低いと長くなる。

 遠藤院長は「今の時期は気温がまだ高いが、日の長さは秋冬の短い状態。この気温と日の出のずれで、睡眠がうまく取れなくなる人も出てきます」と話す。

 不眠のタイプは、(1)寝付きが悪い「入眠障害」(2)途中で起きてしまう「中途覚醒」(3)予定より早く起きてしまう「早朝覚醒」(4)寝ても深く眠れない「熟眠障害」。若者は入眠障害、高齢者は中途覚醒や早朝覚醒がほとんどだという。

 睡眠の目的は休息だけではない。成長ホルモンは深い睡眠時に分泌されるから、質の良い睡眠が必要になる。成長ホルモンは午前0~3時に、体脂肪を燃焼・分解するコルチゾールは同3~6時にそれぞれ多く分泌されるため、同0~6時に睡眠を取るのが理想的だ。

 遠藤院長は「深い睡眠はストレスに弱い。ストレスで深い睡眠が少なくなると、成長ホルモンが出ずに体調が悪くなる」と話す。

 快眠のポイントになるのは体温の調節という。高かった体温が下がるタイミングで寝付きがよくなり、深く眠れ、途中で起きない。つまり、体温を下げたときの温度差を大きくすると効果が大きい。夕食に熱いものや辛いものを食べたり、ストレッチやヨガなどの軽い運動をしたりして体温を上げるのもいい。寝る1時間前に入浴するのもよく、38~40度のぬるめのお湯に10~20分程度つかる。

 高齢者は、若者に比べ、体温の上下差が少ないため、眠りが浅くなり、中途覚醒しやすくなる。睡眠時間も短くなるため、眠るタイミングにも気をつけたほうがいいという。

 遠藤院長は「成長ホルモンの分泌時間帯は年を取っても変わらない。高齢者は早く寝ても、睡眠時間は短いから、予定より早く起きてしまう。高齢者はせめて午後11時くらいまでは起きていてほしい」。睡眠薬を使用してもいいが、一般的に睡眠薬は寝付きにだけ効果があるため、中途覚醒したときに使うといいようだ。

 ◆治療より予防

 不眠症かどうかの判断は、(1)寝付きに30分以上かかる(2)夜中に3回以上目が覚める(3)朝、30分以上早く目が覚める-状態の一つでも当てはまり、治そうとしても2週間以上治らない場合。この際は、医師に相談した方がいいという。

 遠藤院長は「睡眠は治療するよりも予防する方が簡単。睡眠がどんなものかを理解し、規則正しい生活を送って予防してほしい」とアドバイスしている。

 ■8割以上が「睡眠難民」

 自分の睡眠に不満を持っていても改善できていない「睡眠難民」が8割以上いることが、血行改善の情報を発信している「血めぐり研究会」(東京都中央区)の調査で分かった。

 調査は8月、20~50代の男女800人に実施した。それによると、「睡眠に不満がある」と回答した439人のうち、「なんらかの対策をしている(いた)が改善されない」(53.8%)、「対策方法が分からない」(32.6%)で計86.4%が睡眠難民だった。

 睡眠難民の就寝直前の行動は、「パソコンの操作」(64.6%)、「テレビ、ビデオを見ている」(61.5%)、「携帯電話やスマートフォン(高機能携帯電話)の操作」(40.9%)。遠藤院長は「夜9時を過ぎて、パソコンやテレビ、携帯などの強い光を浴びるのは良い睡眠の妨げになる」と話している。


mixiより引用
  1. 2012/10/10(水) 23:42:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。