FC2ブログ

ptshinのブログ

1人の理学療法士としての日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

姿勢

姿勢とは

勢いのある姿
たとえ静止状態であったとしても、生き生きとして躍動感がなくてはならない
~コーチング クリニック~


機能的には・・・
状況に応じた、主動筋と拮抗筋のバランス、あるいは部位別の緊張と弛緩とのバランスが、常に安定した状態にキープすることが出来るような機能を備えていることが重要。=キープ力


いつでも動きだせる姿勢。=ニュートラルポジション




たしかにそうですね。患者さんに教科書どうりの姿勢を作らせても、動けなかったら意味ないし、それが維持できなかったら意味がない。
その患者さんに動きやすいポジションをとってもらうことが、一番良い姿勢ですね。

たんなるPTのエゴにならないようにしないと
スポンサーサイト
  1. 2012/08/30(木) 13:50:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エビデンス

非特異的腰痛に対する高速な脊椎徒手整復(L4-5)は,何もしない場合と比べて,疼痛軽減の即時効果が高く,体幹の屈曲−伸展における傍脊柱筋群(L5-S1レベル)の異常な活動を減少させる.(Bicalho et al, 2010)

自分はSJFを行っていますが、こういうエビデンスがどんどん出てくるといいですね。しかし、高速でするのはなかなか難しいですね。

経験値を上げていくのみですね。
  1. 2012/08/28(火) 23:02:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

認知運動療法~臨床にて

昨日講習会で認知運動療法を学んだので、今日まず患者さんの位置覚・運動覚を検査してみました。

今まではあんまり意識して検査したことがなかったのですが、あまりにもみんなが出来なくてびっくりしました。

今までこんなことに気付けなかった自分は本当に情けない。本当に反省しなければならないですね。

検査だけでなく、治療につなげるものにしたいですね。




今日の名言
やる気をすっかりなくさない限り、失敗はあり得ない。
(エルバード・ハワード)
  1. 2012/08/27(月) 23:34:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

認知運動療法

昨日と今日で認知運動療法の講習会に行ってきました。

運動は氷山の一角であり、認知運動はその見えない部分であるということでした。

認知過程には知覚・注意・記憶・言語・判断があり、これらを考えながら治療するものでした。

認知リハビリテーションとは対話をもとにオーダーメイドの動きのコツを学習するものです。

今日は実技メインだったのですが、言葉使いから患者さんに感じさせる、気付かせることがとても難しいとわかりました。

また、視点を変えるということでは本当に為になる講習会でした。

臨床で患者さんから次の日には戻る、、、何をされていたかわからないと言われることは多々あります。

明日からまた違った視点で見れるように頑張ります。

  1. 2012/08/26(日) 16:04:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

理学療法士

今日から一人の理学療法士として臨床や講習会など日常で感じたことなど書いていきたいと思います。
  1. 2012/08/26(日) 01:32:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。