FC2ブログ

ptshinのブログ

1人の理学療法士としての日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

質問

 ●Open question(開かれた質問)

  理学療法評価を行う時点で、日本ではすでに医師の診察後、診断名がつい
 た状態で患者と対峙します。この場合、セラピストは「今、あなたの主な問
 題はどこですか?」、「どこの具合が悪いですか?」などと質問すると、患
 者に「また同じことを話さなくてはならない」、「医師から伝わっていない
 のではないか」と感じられてしまうのではないかと、一歩引いてしまうこと
 が少なくないのではないでしょうか。しかし、これらの患者との first
 contact である問診で一歩引いてしまうと、的確なアプローチをするどころ
 か、どこに向かって進めていけばいいのかも曖昧なまま、闇雲に評価・治療
 を進めていくことになる可能性があります。

  Open question は患者が痛み、できない動作をなぜ問題と感じているのか
 など、リハビリテーションを行う根本的な要素を聴取する機会となります。
 このような初めの Open questionこそ患者とセラピストが、現在の主訴とリ
 ハビリで達成したい目標を共有する手法であると言えます。

  Open question はカウンセリングにおける質問技法で、円滑なコミュニケ
 ーションを促進するための会話術やコーチングの中でも取り上げられ、相手
 をスムーズに対話に誘うための技法とされています。返答内容を相手に委ね、
 「具体的にお話いただけますか?」と具体例を引き出す質問や、「それでど
 うなりましたか?」と経過を聞く質問、「どのように感じましたか?」と感
 情を聞く質問のタイプがあります。返答が“Yes”、“No” のみで答えられ
 ないので、こちらからの質問に対する返答は様々な情報を含んでいる可能性
 が高く、その後の会話の深まりが期待できます。この Open questionによっ
 て優先して評価し、改善を図る動作をしっかりと特定することができます。

  漠然とした「改善」というゴールのない目標を追いかけるのではなく、患
 者が求めているものを把握し、優先順位を確認して目標設定、アプローチを
 進めていくことが必要であると考えます。


心と体のリハビリテーション研究会より引用
スポンサーサイト
  1. 2012/11/04(日) 22:18:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立ち上がり

お久しぶりです


今日は臨床にて立ち上がりがうまくできない患者がおり、その方に生野先生の教えてもらったやり方をしてみました。



座った姿勢で体をまっすぐ保ちながら「おじぎ」をする時体が前に傾いて頭が前にいきます。


その時に、「どこが動いて体が前にいくのか」感じてみます


「頭が前にいく」のは間違いではありませんが、頭の動きの元を辿ると「どこが動いてるか」が大切



うまくいかない方は腰が丸くなり、「背中の途中から折れ曲がってる」と感じています。

自分が臨床で観察したときも身体を前に移動していきましょうというと、腰部から屈曲してました。






しかし、本当は背中は丸くならずに股関節から屈曲しているのです



「おじぎ」をする時は背中を丸くせずに、股関節の動きを感じながら、
ゆっくりと骨盤を起こすように「おじぎ」をしてみましょう



すると、スムーズに立ち上がりが可能に


立ち上がりは重心をスムーズに前に移動することで、加速度がつき無駄な力を使わなくてすみます


圧迫骨折の方は胸腰椎が屈曲位で、重心が後方にあります。


そのため立ち上がりのさい重心をうまく移動できず、腰で曲がって、余計力が入ってしまいます。


これを繰り返すことで脳が誤作動を起こし、この立ち上がりが当たり前となってしまいます。


そのため股関節が使えず、立ち上がりが困難になります。


今回の生野先生の教え方により、脳の誤作動を改善できたんじゃないかと思います。
  1. 2012/11/03(土) 12:06:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。